それぞれの家庭によって違う夫婦のセックスの形

夜の営みが週1回以上であれば、夫婦間の関係はかなり円満だと思います。しかし、実際の平均的回数は、月1回、数か月に1回といった家庭がほとんどのようです。ただ、中には、全くないといった家庭も少なくないようです。現在のこうした夫婦の夜の営みの回数の減少には、いくつかの理由が考えられます。

まず、第一に考えられるのがライフスタイルの変化です。女性が増えたことも社会進出もありますし、パソコン、テレビ、スマホなどといった情報源が数多くあるのも関係していると思います。これにより性行為の情報も反乱しており、イメージが先立ってしまうため、実際の行為とのギャップに違和感を感じる人もいるようです。こうしたことから、夫婦間での行為に興味を持てなくなってしまっているようです。また、そういった電子機器によるストレスによっても、意欲減退につながっているようです。

また、夫婦間のコミュニケーションである夜の営みが、いつしか、不妊治療の1つとしての義務化してしまう場合もあるようです。近年、不妊傾向が進んでいるため、子供が欲しくてもできない夫婦が増えています。そのため、不妊治療に通い、昔はアソコを大きくするサプリを飲んで快楽を楽しんでいた性行為も今や子づくりのためにするといった感じになってしまうこともあるようです。そうなってくると、意欲減退となってしまい、回数の減少に繋がるようです。

社会としてみれば、少子化問題などが起きてきますので困ることが多いかと思います。しかし、それぞれ家庭によって様々な理由や原因がありますので、絶対、夫婦間に夜の営みがなければいけないとは思いません。夫婦お互いの考え方が同じであるならば、夜の営みが少なかったり、全くなくとも円満にいくのであれば、そういった夫婦の形もいいのではないかと思います。

薬用ペッツテクトプラスでしっかりとノミ対策をする

猫のノミ対策には「薬用ペッツテクトプラス猫用3本入」を使って対策をしています。3本で1300円ほどで買えるもので、1本当たりが400円になります。400円でも、その効果は高く、1回でしっかりとノミ対策ができます。

垂らしやすい構造の容器で、確実に猫の首部分に液を垂らせるのもいいところです。猫は大きく首を捻っては液を舐めてしまうので、背中の首部分に垂らすのが重要です。

液が垂れないように、垂らしすぎた時にはティッシュで拭きながら垂らします。垂らしたらすぐにドライヤーで乾かしました。そして、猫が舐めないように服を素早く着させます。

月に1回でいいのですが、ノミが気になる時には2回ほど使いました。2週間に1回、猫の全身を洗い、乾かしてから垂らしました。皮膚にあまり垂れないようにするのがポイントです。あまり多く垂れると痒がります。

犬用もあるので、犬にも同じような方法で垂らして使いました。蚊よけにもなるので、夏にも使えます。

敏感肌にはアロマオイルの手作り化粧水

わたしは以前から敏感肌の悩みがありました。化粧品でかぶれたり赤みが出ることも多く、紫外線によるアレルギーもあり、季節の変わり目もとても敏感肌になりやすいです。さまざまな化粧品を試しましたが、結局現在は手作り化粧水を作っています。

手作り化粧水はとても簡単にできます。
薬局で売っている精製水とグリセリンで作ることができるのですが、わたしはさらにアロマオイルを数滴垂らしています。オイルの種類によって保湿作用や収れん作用があったりするので、季節や肌の状態によって調整することができ、100パーセントオリジナルの化粧水を作ることができます。防腐剤が入っていないので、50mlずつ作って冷蔵庫で保管していますが、やはり無添加という安心感と、いつでも作りたてのフレッシュな化粧水を使うことができるので、とても重宝しています。特に肌トラブルもなく、自分の肌に合っているのだと思います。敏感肌の方にはおすすめですよ。
今後は、手作りクリームにもぜひ挑戦したいなと思っています。

ダイエット成功へとつなぐ行為は運動する事

一番確実に痩せる方法は、やはり運動だと思います。
走るとなると難しい人が多く出てくるので歩く行為から始めるのが一番のダイエットへの近道だと言えます。
今までエレベーターやエスカレーターのようなものを使って移動していたところを階段を使って歩くという行為になるだけでも毎日の積み重ねでダイエットにつながります。
普段の生活で歩くという行為で体を動かすことが大切だと思っています。
いつも自転車で言っていた道を歩いて行ってみたり電車の一駅に区間を歩いてみたり絶対に歩かなければいけないような状況にしておいた方が運動をしなくては行けなくなるのであきらめないでしやすいと思います。
最初からたくさんはしにくいと思うので少しずつ距離を増やして歩いていくようにすればいいと思います。
普段の食生活も普通通りに食べすぎないようにしながらもこのように運動を取り入れて体を動かしてエネルギーを燃焼していくことでダイエット成功の階段を一歩ずつ登っていると思います。

ブルーベリーアイを始めたのは、目の痛みやドライアイの悩みから

私は仕事の関係から、一日中パソコンの前に座りVDT作業をしています。

そのせいで、目の奥が痛みショボショボして室内でパソコンの画面の見るのも眩しく感じるのが常でした。

室内でもそんな状態ですから、自動車の運転をするときは、サングラスが欠かせませんでした。

そんなある日、甲子園の高校野球を観ていたら、繰り返し流れてくるCMの「わかさ生活♪」というメロディを口ずさんでいる自分に気づきました。

なにげなくネット検索したら、ブルーベリーアイの会社でした。

ものは試しと思い早速注文したのが数年前で、今でもずっと継続して飲み続けています。

ブルーベリーのおかげで目の調子が良い♪

半月くらい飲み続けたときに目の違和感が和らいでいるのを実感しました。

でも良くなると飲むのを忘れたりするんですよね。 それが逆にブルーベリーの効果を感じることになりました。

○ブルーベリーアイを飲む ⇒ 目の調子が良い  ×ブルーベリーアイを飲み忘れる ⇒ 目の調子が悪い

おかげで、毎日12時間以上パソコンとにらめっこしていますが、目の悩みは特になくなりました。

自動車の運転時もサングラスをかける必要がなくなりました。(かけた方が良いのでしょうけど。。。)

目の調子といえば、中学生のとき勉強していて気がついた、視界を流れる黒い影があります。飛蚊症です。

教科書やノートなど、白い面を凝視し視線を流さないと気がつかなかったので、あまり気にせずに放っておいたのですが、年を重ねるにつれ、その影が大きくなっていました。

この飛蚊症は今も残っていますが、ブルーベリーアイを飲むようになってからは影が大きくならないようになったと思います。

全国250万家族以上の喜びの声!ナノビルベリー配合のブルーベリーアイがスゴい!

いろんなブルーベリーサプリメントを比較

ブルーベリーは加工品はもちろん果実をそのまま食べたことがありますが、ヨーグルトシロップやガムの味から甘いイメージがありましたが、実際の果実は酸っぱくて食べづらかったです。

その点、サプリメントなら凝縮されたブルーベリーの成分をたくさん摂ることができるので嬉しいですよね。

いくつかのブルーベリー(ビルベリー)サプリメントを比較してみました。
(※ ビルベリーとは北欧に育つブルーベリーの一種で、他の種類のブルーベリーに比べて有効成分の「アントシアニン」のが、同じ重量の中に3倍~5倍含有されていると言われています。)

食べても太らない体質は胎児の時に決まる?

私の友人に食べても全く太らない人がいます。
とくに夏なんかは一生懸命食べてもどんどん痩せていってしまいとても大変だと愚痴をこぼしている位です。
私から見たら本当に羨ましいの一言ですが、本人にとっては深刻な悩みのようですね。

原因はやっぱり体質でしょう。
友人はものすごい冷え性で、食べても体が栄養を上手く吸収してくれないと言います。
また、食べても太らない人によく見られるのが貧血症状です。
たくさん食べているのに貧血のため日中眠くフラフラするとよく言っています。
実際にその友人も私よりも多く食べ、お菓子などの糖分や脂分が多いものも大好きです。
でもガリガリ。

その体質は胎児の時に決まるという説もありますね。
胎児の頃に母親から十分な栄養が流れていると細胞が太りにくい体質の身体を作るそうです。
逆に栄養が偏っていたりすると生まれてから太りやすい体質になるようです。
こればっかりは自分ではコントロールできないので、やはり生まれ持った体質と言えるのではないでしょうか。

ニキビ跡にはケチっちゃダメダメ~

アラフォーになっても、肌にハリがあるようにしている方がいいと、母にずっ~と諭され続けていたため、どんな事があってもお手入れの時間をさぼったり、基礎化粧品をケチったりだけはせずにきた甲斐がありました。

ニキビ跡のお手入れの時間、20代の頃は本当に遊びに恋愛に忙しくて毎日「面倒」「今日サボっても変わらないだろうけど」と思った事を数えたらきりがないほど、サボりかけたけど、40代になっても素肌の美しい母を見ていて「今は、若さでカバーできてるだけ!」と、自分を励ましお手入れを続けました。

メイク落としの時は、オイルクレンジングだけど、オイルをしっかり手で温めてから、顔に馴染ませる時もこすらずに押し当ててなじませる。洗顔の時には、必ずモコモコ泡石鹸で泡を顔にパッティングするイメージで、洗顔。水分を拭き取るときも、タオルでゴシゴシしたいのをこらえて、押しあてて水分を吸わせる。

化粧水も乳液も、絶対にケチらない!化粧水の浸透のためにパッティングに約10分。これを厳守!乳液も、手のひらで押し込むようになじませること、約10分。

日々、寝不足でもおなかを壊して結構ふらふらでも、毎日の積み重ねがこんなにも年齢を重ねるほどに違ってくるのかというぐらいに、お肌は今もプリプリでニキビ跡は消すことができます。

ニキビ跡を消すには、基礎化粧品は安くてもOK!基礎化粧品の量と時間をケチらないのが鉄則!

毛のこと

髪の悩みは人生の悩み。
肌の悩みは隠せばいい。
目が小さければメガネをしよう。
背が低いなら底の高い靴を履こう。
では、頭は?
帽子?
それが、頭の悩みの本質だ。
髪に悩みがあれば、帽子をかぶればいい。
天下のマリーアントワネットはきっとそう言うだろう。
しかし、それは、一時逃れに過ぎない。
帽子を被れば、なるほど、髪の毛の薄さを隠すことができる。
が、それは一気に髪の毛をいじめることにも繋がるだろう。
一時、髪の悩みを隠蔽することができたとしても、
やはりそれは一時逃れにすぎないのだ。

美肌の原点。優しく丁寧に、絶対にこすらない。

40代になっても綺麗な肌を保ちたい。女性なら、誰もが思う事だと思います。

高い化粧水や、口コミで人気の美容液。でも、色々試しているけれど、実際に効果があるのかどうかはよくわからない。沢山の方がそんな経験を1度はお持ちなのではないでしょうか。

高い化粧品もお肌に合えば、高い効果を発揮してくれると思います。しかし、もっと簡単に、毎日少しだけ意識すれば、40代になっても綺麗な肌を保てる方法があります。私も、若い頃から毎日気を付けています。

それは、絶対に肌をこすらない事です。

例えばメイクを落とす時。ラメのアイシャドウにブラックのアイライナー、ウォータープルーフのマスカラなど、しっかり洗わないと落ちない印象ですよね。

だからといって、ついつい目元をゴシゴシこすってクレンジングしてしまうと、まぶたは色素沈着によりくすみやすくなり、下まぶたはこすった事によりしわが刻まれてしまいます。

頬や額、口元も同様で、ゴシゴシこすり洗いは毛穴を広げ、たるみを促進してしまいます。

スキンケアの時も、コットンで少量の化粧水を伸ばそうとこすってしまうのはお肌に良くありません。手のひらで包み込むように、優しく丁寧に馴染ませることによって、肌に負担を与えず、綺麗な肌を維持できます。

若い頃から実践していますが、10歳も若く見られたりと嬉しい事が多いです。決して無駄ではないので、普段からお肌はこすらず、優しく丁寧に扱う習慣をつけると良いと思います。

和食中心の毎日の食事で美肌キープを実践中

綺麗な肌を保つために、肌に直接あれこれ塗るよりも、私の場合は内側からの美肌対策を心がけています。
和食中心の食生活と十分な睡眠、結局はこれに勝る美容法はないような気がします。

若い頃から和食が好きで、料理にも興味があったので、肌に良いと言われる食べ物を低カロリーで調理し、
毎日の献立に取り入れています。基本は、一汁三菜。肉より魚を多く食べますが、たまにはお肉も食べたいですよね。
お肉を食べるときには、油で揚げず、グリルで焼いたり蒸し器で蒸したりしています。

豆腐製品、発酵食品、海藻類も毎日摂るようにしています。どんな食品もそうですが、一度に多く摂るよりは、
少しずつでも毎日食べます。その成果は20代の頃には出なくても、40代になった今、肌のキメの細かさで、
日々、実感しています。

また、十分な睡眠を取るために、日中は軽い運動をし、代謝を上げておく事も若い頃から実践している方法です。
激しい運動でなくても、テニスやウォーキングなど、楽しみながらできるスポーツがおすすめです。もちろん、
日焼け止めを塗る事も忘れずにしたいですね。